エイジングケア1に感動的なハリを与える注目の成分、ヒト幹細胞培養液ってご存知ですか?

先端のエイジングケア*にヒト幹細胞培養液のスキンケアが注目を集めています。先端技術のヒト幹細胞の化粧品が毛穴ケアにもおススメです。ヒト幹細胞について分かりやすく解説します。

ヒト幹細胞培養液とは?簡単でわかりやすい解説


ヒト幹細胞培養液をひとことでいうと体の細胞を修復したり作ったりしてくれる細胞「幹細胞」を培養した際に分泌された液体です。

ヒト由来の幹細胞の培養液を「ヒト幹細胞培養液」とよんでいて、エイジングケア*成分として化粧品に取り入れられている成分です。

ヒト幹細胞培養液はお肌の中で細胞を活性化して、コラーゲンの生成をサポートしてくれたり、内側からピンとしたハリを与えてくれるのでエイジングケア*の最終兵器と呼ばれている美容成分なんです。

ヒト幹細胞培養液の美肌効果

  • 乾燥による小ジワ改善効果
  • 肌細胞を活性化してコラーゲン生成をサポート
  • 毛穴を目立ちにくくする効果
  • 美白効果2
  • 育毛・増毛効果

ヒト幹細胞培養液の効果を知るには、もうすこし詳しく「幹細胞」のお話をする必要があります。わかりやすく解説していきますね。

幹細胞とは


幹細胞はわたしたちの体の中にある細胞で健康を維持するにはとても重要な役割を持っています。

たとえば風邪をひいたときにゆっくり休むと自然と風邪は治りますよね。

体の中では風邪のウイルスと一生懸命戦っています。

幹細胞は風邪のウイルスでダメージを受けた細胞を治してあげたり、死んでしまった細胞の代わりとなる細胞を作るように働いてわたしたちの体を修復してくれます。

体の中の細胞を修復したり細胞を作ってくれるのが「幹細胞」です。

幹細胞は体のあちこちに存在しています。血管の幹細胞、心臓の幹細胞、お肌の幹細胞など、それぞれ幹細胞ごとに担当している場所があります。

 

  • たるみ毛穴を修復する担当
  • お肌の中にハリを保っているコラーゲンやエラスチンなどが真皮にありますよね。

    真皮の生みの親である線維芽細胞がコラーゲンなどを作っていますが、その線維芽細胞をつくったり修復してくれているのが真皮の担当の幹細胞です。

  • シミを修復する担当
  • シミを修復するにはお肌の表面の表皮のターンオーバーを促して、表皮の一番下にあるメラノサイト細胞と、表皮の生みの親細胞ケラチノサイト細胞に働きかける必要があり、その担当は表皮担当の幹細胞です。

このようにそれぞれの担当部署が決まっているのが幹細胞です。

幹細胞にはいろいろな種類があるようなのですが、その中でも「多能性幹細胞」の働きが注目を集めています。

多能性幹細胞とは


幹細胞にはそれぞれの担当部署が決まっているとお話ししましたね。

でも多能性幹細胞はその名の通り「多くの能力を持っている幹細胞」です。

多能性幹細胞はからだの中にある幹細胞すべてになり得るスーパーマンのような幹細胞です。

たとえば真皮の中にある幹細胞にもなれるし、血管を修復する幹細胞にもなれるんです。

どんな細胞にもなれるカメレオンのような細胞です。

真皮担当の幹細胞や表皮担当の幹細胞にもなれるので「多能性幹細胞」だけで何役も務めることができます。

ヒト幹細胞培養液とは


幹細胞は植物からも抽出することができるんですが植物から抽出した幹細胞には成長因子(EGF)が含まれていません。

ヒトの脂肪から抽出した幹細胞には細胞の生成に必要不可欠な「成長因子(EGF)」やタンパク質、アミノ酸などが豊富に含まれています。

この成長因子が細胞のカギとなっていて大きな役割を持っています。

からだの中にある細胞を活発に動かすには細胞のエンジンをかける必要があります。

それぞれの細胞にはエンジンをかけるカギ穴があります。このカギ穴にぴったりはまるカギが成長因子です。

ヒト由来の幹細胞にしかEGFはありません。

ヒト由来の幹細胞を培養したときに、幹細胞から分泌されてでてきた液体には細胞のエンジンをかける成長因子がたくさん含まれています。

この幹細胞から分泌された液体を「ヒト幹細胞培養液」と呼んでいます。

なので培養した時に出てきた液体ですね。

このヒト幹細胞培養液にはタンパク質が豊富に含まれていて肌細胞にエンジンをかけるサイトカインが入っているので細胞を活性化する作用があり、再生医療においてやけどの治療などに用いられているものです。

このヒト幹細胞培養液をお肌に塗ると、細胞が活性化されてお肌の中でコラーゲンの生成量が増えていくのでお肌にハリを出してくれるんです。

ヒト幹細胞培養液の美肌効果

ヒト幹細胞培養液に含まれた成長因子がお肌の細胞にエンジンをかけてくれ、肌力が高まっていきますので、与えるエイジングケアではなく、自らの力を育てるケアになりますね。

コラーゲンの生成を促してくれる力も高いのでエイジングケアに注目を浴びている成分です。

使っていくうちにお肌のハリが生まれてピーンとした若々しい印象に導いてくれるので高い人気を得ています。

 

たるみ毛穴へのアプローチ
コラーゲンやエラスチンがおとろえてたるみ毛穴ができてしまっている場合、ヒト幹細胞培養液をぬるとお肌にハリを与えてコラーゲンやエラスチンのサポートをします。

肌にハリと弾力がでるとたるみ毛穴も目立ちにくくなってきます。

まとめ

先端技術からうまれたヒト幹細胞培養液が化粧品で使えるのはエイジングケアにうれしい朗報です!

エイジングケアに興味がある方はぜひヒト幹細胞培養液を配合したスキンケアを試してみてはいかがですか?
お肌のハリと弾力を与えてくれるので見た目年齢が若返るかもしれませんよ!



  1. 年齢に応じたお手入れ
  2. 日焼けによるシミそばかすを防ぐ
おすすめの記事