頬の毛穴がなんだか最近開いてきた気がする・・。まだ20代だけどエイジングケア1した方がいいのかな。悩みますよね。20代のたるみ毛穴ができる原因とケア方法を解説します。

たるみ毛穴の原因

たるみ毛穴ができる原因はお肌のハリをつかさどるコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなったことでお肌全体が下に下がってしまい、毛穴もそれに引きつられて下に広がってしまうことが原因です。

たるみ毛穴はお肌のハリが減ることで毛穴が目立ってしまっているのでお肌のハリをつかさどる「真皮」の状態がとても大切になります。この真皮の成分4つがお肌の弾力とハリを支えて作り出しているとても重要な成分です。

たるみ毛穴は真皮にある「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」「線維芽細胞」この4つがとても大切です。1つでもバランスが崩れるとハリのあるお肌が作りにくくなってしまいます。

20代のコラーゲンの減少率

お肌のハリを出すコラーゲンやヒアルロン酸は年齢を重ねるにつれて少なくなっていってしまいます。でも20代はまだまだお肌にハリがあります。実際にどのくらいコラーゲンが減っていくのかグラフで見てみましょう。

年齢別コラーゲンの減少

産まれたばかりの赤ちゃんのお肌はプルプルですよね。この時お肌のコラーゲン量は100%です。ヒトは生まれてから徐々にコラーゲンの量が減っていきます。これは逃れようがありません。

10歳になるとコラーゲン量は85%に減っていますが、この時点でお肌のハリがなくなったと気にする人はいないと思います。要するに85%でもたるみ毛穴が気になることはなく、美肌には十分なコラーゲン量があるのです。

20歳になるとコラーゲンの量は75%になります。しかし20歳になった段階でもたるみ毛穴を気にする人はほとんどいません。75%でもお肌のハリを保つ十分なコラーゲン量があります。

しかし25歳を過ぎるとお肌のコラーゲン量が急激に減り始め、30歳になるころには40%まで減ってしまいます。

コラーゲン量が50%を切ってくると徐々にお肌のゆるみが気になり始めます。20代後半からたるみ毛穴に悩む人が出始める理由が分かりましたね。

20歳になったときのコラーゲン量は75%!ハリを出す美肌には十分な量です!でも30歳になると急激にコラーゲン量が減少してしまうので、20代後半からはコラーゲンを与えるケアがおすすめ!

20代のヒアルロン酸減少率

お肌のハリをつかさどる重要成分の2つ目、「ヒアルロン酸」は真皮の中でたくさんの水分を保持してお肌をうるおしています。ヒアルロン酸も年齢によって少なくなっていきますが、20代では加齢による減少は見られません。

ヒアルロン酸は45歳を境に急激に減っていきます。20代では100%のヒアルロン酸がお肌の中には存在していることになるので、20代ではヒアルロン酸が原因でたるみ毛穴になることは数値的にはなさそうです。しかし紫外線などの影響で破壊されてしまうのがヒアルロン酸。紫外線対策はきちんとした方が良いですね。

20代の線維芽細胞減少数

線維芽細胞はお肌の真皮の中にあり「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などを作り出してくれる生みの親である細胞です。

線維芽細胞がお肌のハリとなる成分を生んでくれるのでこの細胞にダメージを受けるとコラーゲンやヒアルロン酸は生み出されず、どんどんお肌のゆるみが進行してしまいます。とても重要な細胞です。20代の線維芽細胞は赤ちゃんの時と同じくらいの量がありほぼ減少していません。しかし紫外線の影響でヒアルロン酸の量が少なくなってしまうと線維芽細胞の働きが弱まってしまいます。

20代のたるみ毛穴の原因の検証結果とまとめ

加齢によってたるみ毛穴ができる原因としてはコラーゲンの量が少なくなっているということですね。

しかしこれは加齢によっての数値です。コラーゲンやヒアルロン酸は紫外線を浴びると破壊されてしまいます。そしてコラーゲンとヒアルロン酸が破壊されてしまうと真皮細胞の生みの親である「線維芽細胞」が元気な細胞を生み出すことがむずかしくなってしまいます。そうなるとお肌の中のコラーゲンやヒアルロン酸の量が減ってしまいたるみ毛穴の原因となります。

もし外に出るときに紫外線対策をしていない時間が多い場合、上記の数字よりもコラーゲンとヒアルロン酸が少なくなっている可能性がとても高いです。

たるみ毛穴が気になりだしたお肌は乾燥を引き起こしていることが多いです。紫外線などの影響を受けやすいということはお肌のバリア機能が低下している証拠です。お肌のバリア機能をサポートしてあげるケアを取り入れると紫外線による影響も受けにくくなります。

20代のたるみ毛穴の原因まとめ
紫外線対策をきちんとしよう
お肌のバリア機能をサポートするケアを取り入れよう


20代のたるみ毛穴のケア方法

ビタミンCはお肌のコラーゲンの合成をサポートする働きがありますから、積極的にビタミンCを食事で摂取するようにするのがおススメです。

外に出るときにはUV対策をしっかりして紫外線の影響からお肌を守るケアも哀切です。

たるみ毛穴が気になる20代のお肌はインナードライになっていることが多いので、保湿をしっかりしてあげて水分と油分のバランスを保てるスキンケアを使うことがおススメです。

まとめ

このまま年齢を重ねていくとコラーゲンの量が減ってくるのは明らかですが、今のうちに適したケアをしてあげることで30代を迎えてもハリのあるお肌を保つことができます。まだ20代ですので過剰なケアをする必要はありません。最低限度のスキンケアで十分にたるみ毛穴も解消できますよ。

  1. 年齢に応じたお手入れ
おすすめの記事