鏡をよく見ると毛穴の周辺が黒いシミ1になっている。そんなあなたはシミ2毛穴さんです。

シミ3毛穴はシミを予防する化粧品でケアすることがおススメです!食生活にも気を付けることで徹底的にシミケア4をしましょう!

シミ5毛穴ができる原因を分かりやすく解説します。

紫外線を浴びるとシミができるというのはみなさんご存知だと思います。ちゃんとUVケアしているのにシミ6ができる・・。そんな方はシミのメカニズムをしってケアしましょう!

シミ7ができるメカニズム

シミ8の原因であるメラニン色素は、お肌の表皮の一番下の基底層にある「メラノサイト細胞」が作っています。

メラノサイトが紫外線を浴びることでメラニン色素を作り出します。メラニン色素はお肌の細胞核を守るために重要な役割を持っています。メラノサイトはお肌を紫外線の影響から守るために一生懸命メラニンを作っているんですね。

しかし様々な理由でメラニンがお肌の中に滞ってしまうと私たちを悩ませる「シミ」となってしまいます

シミ9ができる原因はターンオーバーの乱れだった

ターンオーバーの乱れによるメラニン色素の沈着

作られたメラニン色素はターンオーバーによってアカとなって剥がれ落ちていくので、シミがずっとお肌に残ることはそんなにありません。

しかしターンオーバーが乱れると、メラニン色素がアカとして剥がれ落ちずに、表皮の中でメラニン色素が滞ってしまいます。

メラニン色素が滞ると色素沈着が起こり、これがシミ10の原因となっているのです。

メラノサイトの過剰反応によるメラニン大量生産

さらに、紫外線を長年浴び続けることで、お肌の能力が低下してしまいます。

紫外線を長期間浴び続けるとメラノサイトはより強い刺激をうけ、お肌の細胞核を守ろうとして大量のメラニンを作り出すようになります。

メラニン色素を大量に作り出すようになってしまったメラノサイトは常にメラニンを作っているので、いくらターンオーバーを促してあげてもどんどん下からメラニンを作り続けてしまいます。

メラニン色素を過剰につくらせないようにするには紫外線をカットしてあげるケアポイントです。日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ美白スキンケアを使うことがおススメです。

シミ11をなくすには?


ターンオーバーを整えてシミ12を外にだそう
まずはお肌の生まれ変わりのタイミングでメラニン色素をアカとして落としてあげるようにするために、ターンオーバーを整えてあげることが大切です。

紫外線をカットしてメラノサイトをおちつかせよう
強い紫外線を浴びないように化粧下地はUVカットの効果があるものを使いましょう。

日焼けによるシミを防ぐ化粧品を併せて使うのがおススメです。

シミ13ケアにおすすめの美容成分

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • ハイドロキノン

    ハイドロキノンは1940年台からシミ14を薄くする治療に使われてきた成分で2005年までは皮膚科でしか処方してもらえませんでした。

    しかし2001年に薬事法がかわり、ある程度の濃度であれば医薬部外品として化粧品に使用できることになりました。
    医療用のハイドロキノンはまさに漂白剤のような美白剤でシミ15を薄くしていきます。

    化粧品に配合されているハイドロキノンの量はとても少ないのでシミ16を薄くするには皮膚科で医師の指導の下処方してもらう必要があります。

    トレチノイン

    トレチノインはハイドロキノンと併せて使うことでより効果を発揮する成分です。
    角質をはがす効果、お肌の再生を促す効果、コラーゲンの生成を促す効果などがあるため皮膚科の治療でもハイドロキノンと併せて処方されています。

    トレチノインも皮膚科で処方してもらう必要があります。

    シミ17に良い食べ物で体の中からケアしよう

    シミ対策に本気の方は食べ物でも積極的にメラニンの生成を防ぐものを食べましょう!ビタミンCやビタミンEなどが多く含まれている食べ物がおススメです!

    トマト


    リコピンが肌のダメージを回復させて美白効果18が期待できます。ビタミンC、ビタミンEも多く含まれているので毎日摂りたいですね。

    キウイ


    ゴールドキウイなら1個で1日分のビタミンC(100g)がとれちゃいます!ビタミンEはもちろん、ポリフェノールまで含まれているからエイジングケアに良いですね!

    にんじん


    β-カロチンには皮膚や粘膜を正常に保つ作用がありますので積極的に摂りたい野菜です!

    ほうれん草


    冬のほうれん草はビタミンCやβカロテンなど良い成分がたっぷり!

    ほうれん草のごま和えで食べるとビタミンEも接種できるので食べるならごま和えがおすすめ!

    ブロッコリー


    ビタミンCがレモンの2倍入っているブロッコリーは約2房(30g)食べるだけで1日のビタミンC(100g)が摂れちゃいます!
    βカロテンや葉酸など、美肌に良い成分がたくさん含まれています。

    シミ19に良い食べ物はこのほかにもたくさんあります。旬の物には栄養素がたくさん含まれているので、上記のもの以外にもバランスよく、おいしく食べることが一番良いですね!

    まとめ

    ビタミンを豊富に含んだ旬の食生活を楽しむのが良いですね!

    シミ20を防ぐケアに加えてターンオーバーを整えたり肌力を上げるスキンケアを使うことがおススメです。

    スキンケアにはあうあわないがあります。特に美白化粧品は刺激が出る人もいますので、まずはお試しセットで刺激が少ない物を選ぶようにするのがおすすめです。今はお試しセットも手軽にネットで注文できるので、現品を買う前に、ぜひトライアルで試すことをおすすめします!

    1. 日焼けによるシミ
    2. 日焼けによるシミ
    3. 日焼けによるシミ
    4. 日焼けによるシミ予防
    5. 日焼けによるシミ
    6. 日焼けによるシミ
    7. 日焼けによるシミ
    8. 日焼けによるシミ
    9. 日焼けによるシミ
    10. 日焼けによるシミ
    11. 日焼けによるシミ
    12. 日焼けによるシミ
    13. 日焼けによるシミ
    14. 日焼けによるシミ
    15. 日焼けによるシミ
    16. 日焼けによるシミ
    17. 日焼けによるシミ
    18. 日焼けによるシミそばかすを防ぐ
    19. 日焼けによるシミ
    20. 日焼けによるシミ
    おすすめの記事